<

うつわteftef

陶芸作家 天野千香の陶芸ブログです。
千葉市 稲毛海岸にあるアトリエでの日々のこと、教室や展示会のお知らせしています。
うつわteftefのHPはこちら→○
<< 【教室用】タタラ&ひねり(長皿・楕円皿の作りかた) | main | 【教室用】手びねり基本(湯のみ編) >>
【教室用】手びねり基本(花弁豆鉢編)
2015年のワークショップの為に作ったレシピを完成させずに
ブログの下書きに入れたままでした。。。(苦笑)
手びねりの基本です。
ご参考になさってください。
 2019.11.26
 

<花弁豆鉢の作り方>

 
1、手ロクロを回しながら、土台(器の底)を作る。
  厚み1センチ強
  針で
直径6センチの輪を描く。
 
  
 
 
2、描いた輪の大きさになるようにナイフで切り取る。
  針で1センチ間隔位に傷をつける。
  
  ※ひも状の粘土が接合しやすいようにする為。
  粘土が固い場合は、この後ドベをつけます。
 
  
 
 
3、ひも状の粘土を作る(17センチ)
 右手にひもを持ち、左親指を上から下へ動かしながら
 土台にひも状の粘土を接合する。
 この時、手ロクロは時計回りに回っている。
 
 
 
 
4、親指を滑らせるにようにして、均一になるように伸ばす。
 
 
 
5、外側の粘土を土台に接合する。親指を下から上に。
 カタチを整える。
 
  
 
 
6、高さ4センチ、径10センチまで広げ
 最後に縁を内側に倒し、丸みをつける。径9.5センチ。
 なめし皮で口を整える。
 
  
 
 
7、縁を花弁状にする。成形終了。
 
  
 
 
8、半乾燥させて、高台を削る。
 針で外径4.5センチ、内径3〜3.5センチ程度の輪を書く。
 
  
 
 
9、掻きベラで外側と内側を削る。
 
  
 
 
10、出来上がり
 
iPhoneImage.png  iPhoneImage.png
 
 
11、800度で素焼き。1240度で本焼き。酸化焼成。
 


 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

| 教室 | 18:05 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
<うつわteftefの陶芸教室>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE