<

うつわteftef

陶芸作家 天野千香の陶芸ブログです。
千葉市 稲毛海岸にあるアトリエでの日々のこと、教室や展示会のお知らせしています。
うつわteftefのHPはこちら→○
<< 【教室用】手びねり基本(花弁豆鉢編) | main | 教室会員専用 予約表(10月〜12月) >>
【教室用】手びねり基本(湯のみ編)

教室の生徒さん用に作り方を撮影したものがでてきました。

なんと2013年!7年も前だ。

 

教室では、テキスト以外に

教室で使う作り方や注意点などをレシピ集にしてまとめているのですが

「なんでこれまとめてないんだろうと」と思って

まとめ始めたら分かりました。

大事なところの写真が無い。。。

教えている間か、作っている間に

次に進んじゃって撮り忘れてるようです(笑)

他の写真で同じようなものがあれば代用しています。

土が白土から赤土に変わっちゃったりしていますが(笑)

まあ、参考になればよいかと思うので

とりあえず、こちらのblogにまとめまてみようと思います。

 

20.10.12

-----------------------------------------

 

 

---------------------------

手びねり基本(湯のみ編)

(左側のうつわ)

---------------------------

 

1、最初に器の底になる土台を作る。

粘土を適量とりハンバーグを作るように手のひらで伸ばし手ロクロの上にのせる。

手ロクロを回しながら手のひらでパシパシと平らになるように叩き

厚さ1センチ強(1.3センチとか)の土台を作る。

iPhoneImage.png

 

 

2、底の大きさを決め、手ロクロを回しながら針で当たりをつける。

飯碗、お湯のみ5〜6センチ程度。

教室ではスタートの大きさと呼んでいます。

  

 

3、ナイフで切り取る。

 

 

4、切り取ったところ

 

 

5、縁に傷をつける。

この後のヒモ状の粘土との接合をよくするため。

 

 

6、粘土を適量とり、ヒモ状の粘土を作る。

 

iPhoneImage.png

 

 

7、右手にヒモを持ち、内側の粘土を

上から下にひだを作るように接合していきます。

ひだがきれいに揃うと良い。

 

 

8、外側の粘土を内側とは逆に下から上にあげていく。

 

 

9、親指を左右に滑らせるようにして均一になるように伸ばす。

iPhoneImage.png

 

 

9、1本目のひもをのせたところ。

 

 

10、同じ作業でヒモを2〜3本のせていく。

 

 

11、中に手をいれて、コテで外側を整える。

(ここでは平ゴテを使用)

 

 

12、内側もコテで整える。(ここでは丸ゴテを使用)

 

 

13、高さが凸凹で気になる場合は、器の高さをそろえる。

凸凹が好きな場合はそのまま仕上げても。。

針で手ロクロを回しながら、カットしたい箇所に線を入れる。

右利きの場合、手ロクロは時計回り。

針の当たる箇所は時計の7時辺りを目安にすると良い。

その時、右手腕は机のヘリなどに固定すると針先がぶれなくて良い。

 

 

14、弓で切り取る。

この場合も右腕は固定させて、

左手で作品を回しながら切ると良い。

 

 

15、なめし革で口を整える。

 

 

16、成形終了

 

 

17、針金で作品を手ロクロから切り離して、板の上などに置く。

半乾燥させる。

 

 

----------------------------------------

※手びねりの基本

「花弁豆鉢の作り方」もご覧ください。

 

 

 

 

| 教室 | 18:08 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
<うつわteftefの陶芸教室>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE