<

うつわteftef

陶芸作家 天野千香の陶芸ブログです。
千葉市 稲毛海岸にあるアトリエでの日々のこと、教室や展示会のお知らせしています。
うつわteftefのHPはこちら→○
教室予約状況(10月〜12月)
| 教室 | 23:38 | comments(0) | - |
豆皿WS 作品ができました。
豆皿ワークショップご参加の皆さま 
大変お待たせしておりましたが
豆皿が焼き上がりました。
同じ形で作り始めた豆皿も
縁飾りや、裏面の装飾の表情で
器の印象が変化し
おひとり、おひとり
制作されていた時の様子が思い出されます。
皆さまの手を離れてから
乾燥→素焼き→施釉→本焼きという工程を経て
焼成することで、焼き締まり
ひとまわり小さくなって
皆さんのお手元に戻ります。
可愛らしい豆皿を
どうぞお楽しみいただけましたらうれしいです。
また、ワークショップの時に
デモンストレーションでやる予定でした
豆皿の裏面の高台づくりを
YouTubeにアップしました。
よろしければ御覧ください。
皆さまの豆皿も同じように削っています。
http://blog.utuwa-teftef.com/?eid=481
 
本焼き前の窯の様子です。
天然の藁灰釉をかけています。
合成の藁灰釉もありますが
雑味が含まれる天然の風合いが好きで、
天然のものを使っています。
黒い色をしていますが
焼き上がると白くなります。
    
焼いた後。
小さくなったのが良く分かりますね。
                                                      
 
ご参加ありがとうございました!

 

| 教室 | 20:53 | comments(0) | - |
型紙で作る角鉢の作り方

2015年に書いたもの。

こちらも下書きに入ったままでした。

何かもうちょっと修正する箇所があったのかもですが。。。

今の私なら、こういう書き方はしないなーとか思ったりしますが

もう投稿しちゃいます。

ご参考になれば。

 

--------------

 

<型紙から作る角鉢>
焼成後の大きさ:約14センチ四方
土:赤鉄砂土
釉薬:流紋黒

【コメント】
煮物にぴったりな便利な角鉢。
粘土の角を45度にカットするのが、慣れるまでちょっと大変。
工程数が多く時間がかかりますが面白い技法です。
型紙の大きさや形を変えて、色々やってみてくださいね。



<事前に準備するもの>
型紙を用意する。
(工作用紙では薄くてNG、板目表紙を使用)
教室では、制作に2時間半必要な為
型紙は自宅で事前に準備しておくこと。


<準備するもの>
粘土800グラム程度
型紙、粘土板2枚、タタラ板(6ミリ×2)、のばし棒
布ガムテープ(紙はNG)、手ロクロ、雑巾など


1、厚紙にひも状にした粘土を貼り付ける。




2、両脇に6ミリタタラ。ローラーをかける。
上下左右、色々な方向からローラーをかける。
厚みを均一にする。


3、はみ出た粘土を切る。
<2><3>の作業を表、裏ひっくり返しながら4回程度続ける。
ローラーをかけても型紙から粘土が型紙からはみださなくなるまで。


4、他の型紙も同様にやる。


5、底、側面完成!



6、45度に角をとる。
組み立てた時に重なる箇所をカットする。



7、底と側面を布ガムテープで接合。
その際に型紙の厚み分2ミリ分の間隔をあける。
 


8、斜めにカットした箇所に櫛目を入れ、ドベをつける。



9、側面を接合。





10、細いひもを作る。
接合した箇所の隙間を埋める。



11、接合した箇所の隙間を埋める。
 


12、しっかり接合するように、
叩き板などで接合した箇所を叩いて形を整える。
その後、少し土が固くなるまで、置いておく。
 




13、土が少し乾燥したら、型紙をはがす。
型紙を剥がしたら、再度、叩き板などで接合箇所を叩き
形を整える。最後に角を面取りする。



14、完成!!!パチパチパチ。






 

| 教室 | 19:00 | - | - |
花弁豆鉢のつくりかた
2015年のワークショップの為に作ったレシピを完成させずに
ブログの下書きに入れたままでした。。。(苦笑)
手びねりの基本です。
ご参考になさってください。
 
 

<花弁豆鉢の作り方>

 
 



1、手ロクロを回しながら、土台(器の底)を作る。
  厚み1センチ強
  針で
直径6センチの輪を描く。
 

  
 
 

2、描いた輪の大きさになるようにナイフで切り取る。
  針で1センチ間隔位に傷をつける。
  
  ※ひも状の粘土が接合しやすいようにする為。
  粘土が固い場合は、この後ドベをつけます。
 

  
 
 

3、ひも状の粘土を作る(17センチ)
 右手にひもを持ち、左親指を上から下へ動かしながら
 土台にひも状の粘土を接合する。
 この時、手ロクロは時計回りに回っている。
 

 
 
 

4、親指を滑らせるにようにして、均一になるように伸ばす。
 


 
 

5、外側の粘土を土台に接合する。親指を下から上に。
 カタチを整える。
 

  
 
 

6、高さ4センチ、径10センチまで広げ
 最後に縁を内側に倒し、丸みをつける。径9.5センチ。
 なめし皮で口を整える。
 

  
 
 

7、縁を花弁状にする。成形終了。
 

  
 
 

8、半乾燥させて、高台を削る。
 針で外径4.5センチ、内径3〜3.5センチ程度の輪を書く。
 

  
 
 

9、掻きベラで外側と内側を削る。
 

  
 
 

10、出来上がり
 

iPhoneImage.png  iPhoneImage.png
 
 

11、800度で素焼き。1240度で本焼き。酸化焼成。
 



 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

| 教室 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
電動ロクロ(高台の削り方 豆皿) 

電動ロクロでの皿の高台の削り方を

YouTubeにアップしました。

動画は小さな豆皿でやっていますが

8寸などの大きなお皿も同じような工程で

仕上げることができます。

 

参考になさってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 教室 | 14:48 | comments(0) | - |
教室募集状況

このところ、教室のお問合せを多くいただき

大変ありがたく思っております。

 

少人数の教室のため

また生徒の皆様も

長く続けられる方が多く

空きがなかなかできない状況です。

 

お待たせしてしまっている方も

多くなってしまっている状況で

大変申し訳なく思っております。

 

なるべく

ワークショップなどで

土に触れていただく機会や

器をご自身で作って、使っていただける機会を増やしたいと

こんな企画があったら

面白いだろうにと頭の中に思いは膨らむのですが

自身の器の制作と

都内の自宅との行き来で

思うように、事が進められずもどかしく思っております。

 

現在の教室生徒募集は

3ヶ月毎の更新制となっており12月末まで各クラス満席。

それ以降は、欠員がでた場合に順次ご案内をしておる状況です。

 

欠員がでた際の

ご連絡を希望される方は

下記、<問い合わせ>までご連絡ください。

合わせて、ご参加可能な曜日をお知らせ頂きましたらありがたいです。

何卒宜しくお願いいたします。

 

<問い合わせ>

info◆utuwa-teftef.com

(送信時は◆を@に変えてください)

 

 

-------------------------------

現在の教室開催日

 

<曜日・時間> 

〇教室は第1・第2週に開催しています。

第3週木曜午前・土曜午前に振替可能日を設けています。

 他の日でも空きがあれば振替可能です。

〇会員の方には教室カレンダーをお渡ししています。

 

曜日

午前10001230

木曜15301800

土曜14001630

木曜

金曜

-

土曜

●:定員 〇:募集中

 

<コース・料金について>

〇入会金5500円

〇月謝:月2回コース6600円

※HPには月4回コースが掲載されておりますが現在は月2回コースになります。

 

その他

○道具代(スターターキット)5500円

○焼成代(粘土、釉薬など材料代含む)

お湯呑み:400円 飯碗:500円程度

※詳しくは入会時にご案内しております。

 

<陶芸ワークショップについて>

教室メンバー以外の方でもご参加いただける

陶芸ワークショップを年1〜2回程、開催しております。

 

募集時にご案内希望の方は

下記問い合わせ先までご連絡ください。

(件名にワークショップ案内希望と明記ください)

 

 

<問い合わせ>

info◆utuwa-teftef.com

(送信時は◆を@に変えてください)

 

-----------------------------------------

○うつわteftefのHP

http://utuwa-teftef.com

 

〒261-0003
千葉市美浜区高浜1-10-1アートコミュニティ美浜

高浜ショッピングセンター2F

(1Fはbig-Aさん)

稲毛海岸徒歩15分、稲毛駅バス6分(バス停より徒歩5分)

 

<アートコミュニティ美浜>は

高浜ショッピングセンターのリノベーション事業でできた

シェアアトリエです。

 

 

 

 

| 教室 | 09:56 | comments(0) | - |
2020年特別クラス日程表
| 教室 | 12:19 | comments(0) | - |
教室展の様子

アトリエ展では、

教室の皆さんの作品も展示しています。

 

今年のテーマは2本立て企画!!

『私の宝箱・小さな箱モノ展』

『私のお気に入り・器の里帰り展』

 

--------

 

『私の宝箱・小さな箱モノ展』は

皆さん同じテーマで作ったもの。

小さな可愛い世界。

 

『私のお気に入り・器の里帰り展』は

ありがたいことに

教室を長く続けて頂ける方が多く

そこで、10周年にちなみ、

長く教室を続けてきた中での

お気に入りの一品を

持参してもらうことにしました。

 

通常、作品展というと

新作を展示することが多いですが

こちらは、どれもこの施設の窯で焼かれ

自宅に持ち帰り、使われたものばかり。

 

窯からでてきたばかりの新作は

やや硬い印象を受けますが

それぞれの暮らしの中で

幾度となく使われ

その時間の経過をまとい

しっとりと、つやのある

愛おしさ溢れる器として戻ってきました。

 

焼かれた窯のある場所に

数年の後、集まった器たちということで

『器の里帰り展』と名付けました。

 

--------

 

小さなアトリエからできること。

大きな陶芸教室には、設備や、規模ではかなわないけど

陶芸作家の小さなアトリエだからこそ

できることもあるのではないか。

そんな思いで続けてきました。

 

教室の皆さんが喜んでくれるのがうれしくて

新しい企画を思いついたり

失敗したり

それでまた、思いついたり

試行錯誤の10年でした。

 

教室の皆さま

今年も、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| イベント・展示会 | 18:26 | comments(0) | - |
アトリエ展、終了しました。

アトリエ展、無事に終了しました。

10周年ということで

器販売、教室展、ワークショップと

欲張って色々企画したら

目の回るような忙しさで

慌ただしく終わってしまいました。

 

とはいえ

終日、人の波の途絶えることなく

大勢の方にお越し頂けたことは

何よりありがたく、

10年続けてこれて

良かったなと思います。

 

近くかた、遠くから

皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

| イベント・展示会 | 18:09 | comments(0) | - |
ワークショップ募集状況

皆さま 台風の被害は

大丈夫でしたでしょうか?


私は台風時は都内におり

稲毛海岸でも停電や断水していたと

聞いていたのでヒヤヒヤしながら

千葉に戻ってきましたが

アトリエも千葉の家も特に問題なく

大丈夫でした。


停電に加えて断水していたり

水は出るものお湯が出ないから

水風呂に入っているとか。

車、屋根や家の破損など

被害の大きい友人や親戚もいたりして

胸の痛む1週間でした。


まだ、不自由な生活をしている方も

いらっしゃるかと思います。

一日も早い復旧を願います。


さて、アトリエ展 豆皿ワークショップ

残り2名となりました。

 

 

-------------------

豆皿ワークショップ(縁飾りづくり)

 

●11:00〜満席

●12:00〜残り2名

●13:00〜追加制作希望の方

 

参加費:2160円(材料・焼成代含む)

定員:6名

 

WSの詳しい内容ははこちら↓

http://utuwa-teftef.jugem.jp/?eid=473

 

定員も4〜5名としてきましたが

お希望の方も多く、会場の調整もできそうですので

6名までお受けいたします。

 

ご検討されていた方がいらっしゃいましたら

ぜひどうぞ〜!

 

---------------------

<せっかくだから、もう1枚作りたいという皆さま>

 

イベント時のワークショップなので

短い時間でできる内容を考えるのですが

「せっかくだから、もう1枚作りたいな〜!」

という声が多くありましたので

13:00〜追加で制作できる時間を設けました。

講師の指導はありませんが

その分、お得な料金設定にしましたので、

ぜひチャレンジしてみてください。

 

●1枚1000円

(最初の参加費と合わせると3160円で2枚作れることになります。)

 

※こちらは、11時〜、12時〜のWSにご参加いただいた方へのサービスです。

※講師の指導はありません。

 

---------------------

10TH アトリエ展

 

感謝の10年。ありがとうの2日間。

記念企画盛りだくさんでお待ちしております。

 

9/28(土曜)・9/29(日曜)

10:30〜17:00

http://utuwa-teftef.jugem.jp/?eid=474

 

 

 

 

 

| イベント・展示会 | 21:48 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
<うつわteftefの陶芸教室>
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE